12. 勉強会のご案内 

 


会場は「たかつガーデン」(大阪府教育会館)です

2017年5月28日(日) 臨床実践塾 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 ≪ばーば佐智子の運命学≫

講師:ばーば佐智子

運命学:トレンディ―な方々の生年月日を分析

生年月日を分析することで、その人の人生予測を立てる事ができますし、世相予測グラフを利用すると、国家の行方も予測することができます
個人の生年月日の例では、臨床実践塾参加者の方で覚えている方も多いと思いますが、テレビで大活躍をしていた非常に有名な芸能人の突然引退、結婚の前に離婚が予想された芸能人、生まれると同時にわかった子どもの性格等々、驚くような結果が何度もありました

また、世相予測では、「米騒動」に始まり、東洋と西洋の優劣、国内での天変地異などを予測できるので、それに合わせて、その年の風潮を読み、その年のスタイル等を考え、服飾関係の仕入などに役立てます

今回は、今まで誰も気付かなかった無名の方が、突然躍り出てきた方や、誰もが知る有名な方の鑑定を行い、その方法を解説していきます

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第二部 ≪顔面への一穴で頚椎を調整≫

講師:新城三六

人間学:師への路

師と成るには、その行いや学びが大切だと考えれらますが、具体的にはどうすればいいのか、何から始めればいいのかを考えていきます

臨床実技:鍼での頚椎調整と生理痛一発療法

顔の歪みを矯正するのには、その人に合った順序で矯正する方が賢明です
たとえば、顔の矯正で、頸椎が歪んでいるのに、顔だけ矯正しようと思っても、なかなか矯正できません
頚椎と頭蓋は連動しているからです

5月のセミナーと、5月から9月までの予定

また、5月から9月までは、「七星鍼法伝承講習」をテーマにセミナーを行ないます
以下が簡単な説明です

即効的で効果的な治療法

  • 経絡治療:脈診だけに頼るよりは、現代医学の解剖・生理も引用する
    それが七星論での一穴鍼法です(脈診・脊椎診・六臓診)

  • 査穴の重要性:査穴を活用している先生方は多い
    私は何年も陰査穴中心の経絡治療をしていますが、経絡全体を整えるのにこれほど簡単で確率の高い方法はないと考えています

  • 補寫法:補寫は鍼灸治療の基本で、補寫を考えて鍼をすると、年々上達してきます

  • 特殊鍼法:七星鍼法にはいくつもの特殊鍼法があり、それらを上手く活用すれば、手際のいい即効的治療ができるようになります

  • 手技療法:鍼が得意とする治療もあれば、手技が得意とする治療もあり、どちらも使えると患者さんを選ばずに治療できます

何から学ぶべきか

  • 臨床家は、実技だけを学びたがるのですが、理論を学ばないと応用(進歩)ができません

  • 「理論は臨床より生まれる」と考えていますが、それは新しいテクニックを開発するときのことで、基礎的な理論は持っておくべきです

  • 検証の仕方を学ぶことは、自分の技術に自信を持つ一つの方法です
    「古典に書かれていたので…」と臨床に臨むのは責任感を問われます

  • マーケティングを考えながら治療を行なうことは、人間学から考えても成長の道程です
    マーケティングと聞くと「経済至上」のように聞こえるので抵抗があるかも知れませんが、ビフォー・アフターもマーケティングであり、それのできる治療師は伸びていきます

    論文発表もマーケティングの一部と考えています

【日  時】 2017年5月28日
       第一部 12:45〜13:45
       第二部 14:05〜17:05

【会 場】  たかつガーデン(大阪府教育会館) 電話 06-6768-3911

【参加費】 第一部 3.000円 第二部 15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

会場は「たかつガーデン」(大阪府教育会館)です

2017年4月23日(日) 臨床実践塾 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 ≪2017年の世相予測≫

講師:ばーば佐智子


概要: 今年2017年は「終わりと始まり」という現象が交差する年です。
また病占では結核などの肺病の年と予測できます。

トランプ大統領や北朝鮮の金正恩問題で世界が緊張するような事が多いこの頃ですが、世相予測でも「終りと始まり」と出てきますので、何となく不安定な一年になりそうですが、世界の歴史に照らし合わせてみると、どのようなことが起るかが予測できます。

〜〜 第一部と第二部の間の休憩が15分しかありませんのでご注意ください 〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第二部 ≪スカセラで四肢体幹の診断と治療≫

講師:新城三六

概要:臨床実践塾は、スカルセラピー(頭蓋四肢療法)で、多くの症状を治す方法を実技公開する予定です。

いろんな症状を、短い時間(3〜5分)で治す方法ですので、きっと驚くと思います。
いや、驚きを隠すために笑うと思います。(^_^;)

さらに、原因がどこにあるのかを調べるにも、ユニークな診断方法を使いますので、「??? あれっ? 何で?」と思うでしょう。
腰痛なのに手を触って痛みが軽くなるのを確認する方法で、面白いです。
と言っても、これまで使ってきた方法を駆使した方法ですので、

「どこに」
「どのように」
ということがわかれば理解できます。

この方法を学ぶと、多分、今まで学んだスカルセラピーのテクニックを使うことが少なくなると思います。
理由は、あまりに簡単で効果の高いテクニックだからです。
しかし、これまで学んだテクニックは基礎ですので、無駄になることはありません。

予定:5月から9月までは、
@ 講演準備の資料作り、
A スカルセラピーの実技撮影、
B 七星鍼法伝承セミナー
を行ないます。

伝承セミナーは、七星論での治療法になります。
「覚えやすくて、効果の高い七星鍼法」を普及する目的と、常に進化する七星鍼法ですので、基本テクニックから応用テクニックへの考え方を織り交ぜながらの実技講習になります。

〜〜 第一部と第二部の間の休憩が15分しかありませんのでご注意ください 〜〜

 

【日  時】 2017年4月23日 第一部 12:45〜13:45 第二部14:00〜17:00

【会 場】 たかつガーデン(大阪府教育会館) 電話 06-6768-3911

【参加費】 第一部: 3.000円
       第二部: 15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2017年4月23日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みは、

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 


会場は「たかつガーデン」(大阪府教育会館)です

2017年3月26日(日) 臨床実践塾 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 ≪ばーば佐智子の運命学≫

講師:ばーば佐智子

運命学:家相と地相

顔には人相、手には手相があり、家には家相、土地には地相があります。
いい家相、いい地相で暮らすことは、生涯を幸せに暮らすためです。

今回は、ばーば佐智子が「復帰」とテーマして、「地相と家相」の不思議な話と、脳出血後に起る「視床痛」についてお話しして頂きます

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第二部 ≪なぜ顔が歪むのか、どう治すのか≫

講師:新城三六

経営学:治療業界の変化

=====================================
レポート:“シン・ニホン”AIXデータ時代における日本の再生と人材育成

経済産業省産業構造審議会 新産業構造部会   Chief Strategy Offucer ・ 安宅和人
=====================================
このレポートには興味深いことが書かれています。
レポートは、人間と知的情報処理システムをテーマに書かれていて、石炭の時代から電気工学の時代、情報処理の時代と時代の移り変わりを解説しながら、将来のためには「人材育成」が必要だと述べています。
このレポートは鍼灸業界にも当てはまることなので、このレポートから鍼灸業界を考えてみます。

臨床実技:顔の歪みの治し方

顔の歪みを矯正するのには、その人に合った順序で矯正する方が賢明です。
たとえば、顔の矯正で、頸椎が歪んでいるのに、顔だけ矯正しようと思っても、なかなか矯正できません。
頚椎と頭蓋は連動しているからです。

頭蓋関係のテクニック(治療法)には「流派」みたいなのがあります。
その流派の違う頭蓋関係の講習も受けたり、ビデオを出している5人の先生方のビデオを10何本も視聴してきましたが、治療法の「順序」のことはあまり言われてないようです。
手法の基本パターンを作って、「その通りにやれば治るよ」という感じのものがほとんどです。
ところが、実際の臨床では、その通りにはいきません。

「お前が下手だからだ」と言われればそれまでですが、下手とか上手いと言う前に、その人に合わせた順序があると思うのです。
つまり、その人の症状に合わせた順序があり、順序通りにすれば治る確率は高くなるのです。

順序通りとは、
たとえば家を建てる時は、基礎工事から始めますが、改築をするときは、多くの場合基礎は触りません。
基礎がしっかりしているという概念があるからです。
しかし、基礎が揺らいでいる家もあります。

つまり、改装工事でも基礎から改装する場合と、壁から改装する場合があるわけです。
治療も同じです。
症状や病気の原因を探せずに治療していては治療にならないのです。

頭蓋の歪みだけを矯正しようとしても、原因の追究ができていなかったら、患者さんに無駄な時間を過させる事になります。
逆に、頭蓋を無視して体の治療をすることも、無駄な時間を過させることになります。

なぜですか?

体は全身が連動しているからです。
ですから下記のような課題を掲げながら治療する必要があるのです。

  1. 何が原因なのか
  2. 因果関係はどうなっているのか
  3. 具体的にはどこがどうなっているのか
  4. それはどこをどうすればいいのか
  5. 結果を確認するにはどうすればいいのか

【日  時】 2017年3月26日
       第一部 12:45〜13:45
       第二部 14:00〜17:00

【会 場】 たかつガーデン(大阪府教育会館) 電話 06-6768-3911

【参加費】 第一部 3.000円 第二部 15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2017年3月26日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

会場は「大阪国際交流センター」です

2017年2月26日(日) 臨床実践塾 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 ≪治療になる診断の復習会≫

指導:当院スタッフ


概要:

当院のスタッフは、治療日にはいつも臨床実践塾のための実験を手伝ってもらっていますので、このテーマの実技は熟知しております。
特に今回の筋肉、関節、経絡、臓腑、七星の実験では、「こうじゃない? ああじゃない?」と、彼らは彼らでいろいろやっているようです。
その実験をしている途中では、予想と違うこともあると思いますが、お互いが協力して実験を繰り返していますので、実力はあると思います。
ですから、彼らのほうが実技復習の説明は上手いはずです。
何故なら、「失敗は成功の母」と言われるからです。

前回のセミナーでは、範囲が広かったためにわかりにくいところがあったようですので、前回の延長として「復習会」をすることにしました。
主には実技ですが、実技は何度も繰り返すことで自分のものになりますので、都合のつく方はご参加ください。

〜〜 第一部と第二部の間の休憩が15分しかありませんのでご注意ください 〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第二部 ≪スカルセラピー≫

講師:新城三六

概要:

人間学:これまでは「経営学」として説明していた内容ですが、経営学」と言うよりも「人間学」のほうがピッタリなので、今回は「人間学」とさせていただきました。
どんな事業でも仕事でも、人間学が伴わないと上手くいきませんので、今回は「時間の大切さ」が語られた論語をお話する予定です。


臨床実技:今回は、関節調整のテクニック、筋肉と関節の関係、四肢と頭蓋の関係、頭蓋で治す四肢の異常などなど、「治療テクニック」を見ていただき、それから理論的なことを説明しながら実技を行ないます。
常に、「なぜ治るのか」をテーマに研究した治療の原理を説明しますので、いろいろな治療法を学ぶときのヒントになります。
たとえば、「腰痛の治療法」というのは、いくつも発表されているのですが、いくつも学んでいるうちに、そんなにいくつもの治療法は必要ない、と思うようになります。それは(見せる)テクニックの方法が違うだけで、人間の体は同じだからです。
要は、「診断と治療」になるわけですが、診断に沿った治療を学んでいれば、テクニックも理解できてくるわけです。

最近は、診断がなくて、すぐ「この症状にはこのテクニック」というのが増えてきました。
初学者であればそれでいいかも知れませんが、臨床現場に立つ治療師なら、それでは満足できないはずで、患者さんによって治りが悪い人も何%かはいるはずだからです。
その何%の治療をするのに必要なのが、理論とか原理に合せた実技になるわけです。

今回は筋肉別の筋力テストをしながら、その筋に関係する頭蓋や関節や経絡を動かして、症状を治める方法を説明していきます。
ただ、40種以上の筋肉を挙げてありますので、今回だけでは終われないので、次回のセミナーもその続きになる可能性があります。

〜〜 第一部と第二部の間の休憩が15分しかありませんのでご注意ください 〜〜

 

【日  時】 2017年2月26日 第一部 12:45〜13:45 第二部14:00〜17:00

【会 場】  大阪国際交流センター  電話 06-6772-6729

【参加費】 第一部:1/22に参加された方は無料で、参加されなかった方は3千円
       第二部:15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2017年2月26日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みは、

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

会場は「大阪国際交流センター」です

 

2017年1月22日(日)

臨床実践塾 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 ≪生物力学療法≫ 第八回目の基礎講習

講師:松田篤人


松田先生は、天津中医薬大学第一附属医院という中国国内最大級の鍼灸科がある大学病院にて、脳血管障害(脳梗塞・脳出血など)に対する鍼灸治療を学び、その後は日本で臨床にあたりながら定期的に天津に渡り、中医学・現代医学・鍼灸学などの研鑚を続けている先生です。

講義:易

易学と東洋医学の関係を知り、易学の基礎の一つである「無双原理十二の定理」を知る。

概要:易を学習するということは理論と理論の活かし方を学習するということです。だから易の勉強をした方が良いと言われても、何だか実感が沸かないのが普通だと思います。

そこで乗り物酔いに、なぜ内関を使うのか?を例に臨床を理論的に考えてみて、理論の必要性を、ひいては易の必要性を理解し、その基礎の一つである「無双原理十二の定理」を学習してゆきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第二部 ≪治療になる診断≫ 臨床実技講習

講師:新城三六


経営学:1年以上、経営学の話をしておりませんでしたが、参加者の方々から「経営学も講義に入れてほしい」という要望がありましたので、MBAになるために学んだ経営学もお話したいと思います。

臨床実技:診断と治療は一連の流れになるのですが、診断がそのまま治療になる方法を考えてみました。
それは去年の患者さんの臨床から考え付いたのですが、それには「経絡」「ドクノウホウ」「オステオパシー」「クラニオセイクラル」などなど、いろいろな治療法を勉強してきたことが混ぜられた感じのものです。

また、それを証明するための検査法も解説しますので、臨床で行き詰ったときは、その検査法を使いながら診断を行なうことで、迷いなく治療を進めることができるはずです。

古書:前々回から要らなくなった本やダブって買った本を捨て値で販売しておりますが、今回のダブリ本は『オステオパシーの診断と治療』たにぐち書店 定価15.450円を1.000円で、 『杉山真伝流』六然社 定価6.500円を300円でお分けします。
その他の本は100円程度で販売します。但し、実践塾参加者のみです。

 

【日  時】 2017年1月22日
       第一部 12:45〜13:45
       第二部 14:00〜17:00

【会 場】  大阪国際交流センター  電話 06-6772-6729

【参加費】 第一部5.000円 第二部15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2017年1月22日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

 


2016年12月18日(日)

臨床実践塾 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 ≪巨鍼療法≫ 第回目の基礎講習

講師:浜屋俊


12月18日の基礎講習は、特殊鍼法の「巨鍼療法」になります。
講師は、 浜屋鍼灸院の浜屋俊先生 で、巨鍼の製作から行ないますので、巨鍼を作ってみ見たいと思われる方は、ぜひご参加ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第9回目 七星論基礎講習会
≪巨鍼療法≫
巨鍼の制作

【到達目標】
巨鍼療法の基礎である巨鍼の制作を学びます。
巨鍼制作の一連の流れを学び、最も大切な鍼先の形状を的確に作れるようになる。


【講習内容】
究極の特殊鍼と称する「巨鍼療法」は、通常の鍼では効果の出にくい又は、時間のかかる疾病や症状に対して高い効果を発揮する鍼法です。
巨鍼の特徴は、一鍼多穴刺です。
筋・内臓・骨格の歪みを一度に調整でき、即効性と持続性に優れています。また、対応できる疾患や症状も幅広くなります。

巨鍼療法では第一に巨鍼の制作を自分でするのですが、なぜ、自分で作るのか?これにはいくつか理由がありますが、一番の意義は自分の作った鍼に愛着も持ち治療をすることが大切だからです。この気持ちを持つ事が相手(患者さん)を大切に想うことにつながるかからです。
そして、巨鍼制作おいて鍼先の形状がとても重要になります。

なるべく血管を傷つけずに、スムーズに切皮・刺入できるように松葉型の鍼先を作ることが大切です。粗雑な鍼先では血管を破り出血しやすく、無駄な痛みを伴います。
上手な鍼先を作れる人は、治療も上手な人が多いものです。
今回は、巨鍼制作の一連の流れの動画を作りますので、手元が分かりやすいようにし、また、ポイントや注意点を含めた内容にします。
そして、実際に巨鍼を作っていきます。

※当日は、鍼体(50p。ステンレス。バネあり)は、当方が準備します。
※鍼体の油落としも、当方が先に済ませておきます。

以下のものは各自で持参して頂くものになりますのでご準備ください。

【準備するもの】
?ラジオペンチ ?ダイヤモンドシャープナー ?銅線(鍼柄用) 
?オイルストーン(♯2000以上) ?爪楊枝(1本) ?ピカール 
?タオル(鍼体を拭く用) ?ルーペ(鍼先確認用)

〜〜 第一部と第二部の間の休憩が15分しかありませんのでご注意ください 〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第二部 ≪新しい診断法と関節矯正≫ 臨床実技講習

講師:新城三六

講義概要:
最近考えた診断法で、まだ臨床は少ないのですが、七星論の基本を応用したものなので、理論的には十分納得できる診断法です。

簡単に説明しますと、脊椎の動きは、前後屈曲、左右屈曲、左右捻転、上下伸縮の8つのパターンに分ける事ができます。
そこで、左右の捻転を考えると、脊椎のどこかに異変があると、その異変のあったところで動きがロックされて、酷い場合は痛みになります。

そこで、七星論での脊椎七星配置を考えますと、そのロックされた部位が、どの臓腑と関係しているかがわかります。
となると、その経絡を使って、ロックされた脊椎を調整する事ができるはずです。
その時に使うツボは、査穴でもいいのですが、寫で用いる井穴のほうが効果的です。

今回はそのような新しい診断法と、井穴を使った治療法を公開したいと思います。

次に、頭蓋骨療法ですが、頭蓋骨療法で治療していますと、驚くような効果がある時と、期待以下の結果に終わる場合があります。それは部位とやり方の問題のようです。
たとえば、頭蓋骨を強く触ると、脳が緊張して頭皮が固まってしまい、動かなくなりますが、そっと触るとグニャとした感じになる処まで緩みます。

脳が緊張した状態と弛緩した状態を目で見せる事ができますので、これも実験を交えて講習を行いたいと思います。

頭蓋骨療法は、自律神経を安定させますので、頭蓋骨療法だけで患者さんの身体状態を整える事ができますので、治療法としては有利な点が多いと思います。

頭全体を治療するには、時間のない場合もありますので、そのようなときのために、今回はポイントとなる部位(腰を整えるならここ、というように)をまとめてあます。

〜〜 第一部と第二部の間の休憩が15分しかありませんのでご注意ください 〜〜

 

【日  時】 2016年12月18日 第一部 12:45〜13:45 第二部14:00〜17:00

【会 場】  たかつガーデン(大阪府教育会館) 電話 06-6768-3911

【参加費】 第一部5.000円 第二部15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年11月27日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 


2016年11月27日(日)

臨床実践塾 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 ≪生物力学療法≫ 第回目の基礎講習

講師:松田篤人


松田先生は、天津中医薬大学第一附属医院という中国国内最大級の鍼灸科がある大学病院にて、脳血管障害(脳梗塞・脳出血など)に対する鍼灸治療を学び、その後は日本で臨床にあたりながら定期的に天津に渡り、中医学・現代医学・鍼灸学などの研鑚を続けている先生です。

講義概要:

究極の特殊鍼・・・生物力学療法。
人体惑星試論奥義書の第十章究極の特殊鍼から、徒手で行う腰椎矯正方法の一つである生物力学療法を実技を通して身に付けてゆきます。

到達目標:
腰痛などの腰部疾患を、生物力学療法を用いることで軽減、もしくは消失させることができる。

〜〜 第一部と第二部の間の休憩が15分しかありませんのでご注意ください 〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第二部 ≪いろいろな治療法の分析≫ 臨床実技講習

講師:新城三六

講義概要:
昨今はいろいろな治療法がありますが、人間の身体はそんなに変わるわけではありませんので、原理や手法を検討して見ますと大きな違いはありません。

たとえば、この「生物力学療法」は1993年に出版したものですが、この本には【骨と筋肉と内臓の陰陽】という小見出しで、「短時間に手足、頭、肩、背中、腹など、全身を解す方法」というのが書いてあり、「ある部分を解すだけで全身を解すことができる」というシロモノだったのです。

勿論、今でもその理論や手法というのは、いろいろな治療法に応用されていますので、今回のセミナーでは、「生物力学療法を応用した」と思われる方法を、具体的に説明しながら、実技で公開したいと思います。
つまり、「生物力学療法の応用編」になり、基礎の「生物力学療法」を熟知してからのテクニックになるわけです。

もう一度言います。
基礎を理解した上で使えるテクニックです。

また、生物力学療法は肩関節、肘関節、手関節、脊椎、股関節、仙腸関節、膝関節、足関節といろいろな関節まで整えることができますので、「O脚矯正」や「猫背矯正」にも使えます。

また、生物力学療法を経絡で考えますと、直接的には脾経、肝経、腎経に、間接的には胃経、胆経、膀胱経、及び大腸経に効果が高いので、それらの臓腑の異変も整える事ができます。

たとえば、鼻の詰まった人がいたとします。
その時、鼻を触る必要はありません。
生物力学療法で腰椎を整え、頸椎を動かせば、鼻詰まりも治っています。

先日来院した患者さんで、手首が痛いと訴えていたのですが、脊椎上部に歪みがありましたので、生物力学療法で骨盤・腰椎を整えましたら、手首まで治ってしまいました。
則ち、「手首の治し方」と称して生物力学療法を使うこともできるわけですが、全ての手首痛には通用しませんので、そこに診断が必要になってくるわけです。

そんな診断と治療技術の応用方法を学ぶことは、「遠回りしないこと」にもなりますし、診断技術を高めることが即効的な治療法を行なうポイントになるので、手始めに「生物力学療法」を学んで、いろいろな関節の治療に使う方法を考えてみたらどうか、と提案したいと思います。

〜〜 第一部と第二部の間の休憩が15分しかありませんのでご注意ください 〜〜

 

【日  時】 2016年11月27日 第一部 12:45〜13:45 第二部14:00〜17:00

【会 場】  たかつガーデン(大阪府教育会館) 電話 06-6768-3911

【参加費】 第一部5.000円 第二部15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年11月27日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

 

2016年10月23日 臨床実践塾

 

第一部 ≪経筋腱収縮牽引≫ 第七回目・基礎講習

講師:女性講師

内容:

到達目標
 速効療法新城理論である経筋腱収縮牽引の原理を理解し患者へのパフォーマンスを通じ速効治療に自信を持てるようにする。

内容
 何らかの原因で内臓に問題が起こるとその内臓と関係のある体表部及び筋腱に凝りが生じる内臓―体性反射が起きます。
 そのため筋や腱が収縮・牽引をおこし連鎖的に関連する経絡や筋・腱が痛みやしびれを起こす反応を経筋腱収縮牽引とここでは呼びます。
この経筋腱収縮牽引には 13 の原理があり、これを理解する事で普段目にする患者さんの身体のゆがみや症状が「なぜ」「どんな仕組みで」生じているかを理解する事が出来るので、それを理論的に説明できるようになれるでしょう。
 症状の出やすい部位を人体惑星試論奥義書より抜粋しますので臨床での手際の良い治療にお役立てください。
  鍼が効いたかどうか、脈を見ずとも鍼を打った様子でわかるコツを解説します。 実技では骨格矯正鍼を参加者同士で実施してもらい鍼一本で体が整う事を体験していただきます。


【日 時】 2016年10月23日 12:30〜13:30

【参加費】 5.000円


第二部 ≪自分で行なう眼精疲労と脳疲労の治療≫

(眼精疲労と脳疲労をなくして活動的になる方法)

講師:新城三六

内容:
スカルセラピー(頭蓋骨療法)の実技訓練は、自分の頭から始めることもできますので、眼精疲労や脳疲労を感じている人は、先ず、自分の頭でテストしてみるほうがいいようです。
特に、経営者(開業されている先生方)は、自分では気付かなくても、多少の脳疲労はあるもので、脳疲労があると自分らしさが出せませんし、思うように仕事ができなくなります。

ここでの仕事というのは、管理者としての精神労働のことを言うのですが、脳疲労があると思うように仕事が進みませんし、予定通りに物事が運ばなくなります。それは、思考力が低下すると、断片的な思考になってしまう場合が多いからです。
たとえて言えば、歩くときに手と足は自然に交互に出るものですが、脳疲労があると、右手と右足、左手と左足というような歩き方になっているというわけです。

今回の講習では、主に眼精疲労と脳疲労を自分で解消する実技を行ないます。
それは多分、生涯ずっと使えるテクニックになると思います。

そして、代表者は、マーケティングを絶対にやらなければいけないのですが、この一年、私はマーケテイングの仕事をほとんどやっていませんでした。
しかし、やっとマーケティングを行なう価値のある方法を考えましたので、このスカルセラピーで、セミナー参加者全員が参加できるマーケティングの方法を発表します。
それは、顧客(患者さん)に喜んでもらい、顧客から感謝される方法です。

期待してください。


.【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

テーマ 自分で行なう眼精疲労と脳疲労の治療

【日 時】 2016年10月23日 14:00〜17:00

【会 場】  たかつガーデン 電話 06-6768-3911

【参加費】 15.000

【申込み】 メール こちらをクリック

でんわ】 06-6765-7622

 

第三部 親睦会

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年10月23日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

2016年9月25日 臨床実践塾

 

第一部 ≪治則と兪穴≫ 第六回目・基礎講習

講師:浜屋俊

内容:

治療効果が出せない理由として、大きく3つあると思います

@ 証が間違っている
A 治則が正しくない。もしくは、使い方が間違っている
B 選穴・補瀉が間違っている

証が間違っていれば元も子もないのですが、証は間違いないはずなのに効果が出ないのは何故なのか?それは、治則を理解していないことが大きいと考えています。
治則とは「治療原則」のことですので、原則が理解できていないと治療も何をしているのか分からなくなりますし、効果も出せません。

東洋医学の治則で代表的なのは難経の六十九難と七十五難ですが、この二つは同じ原理ではないため矛盾が生じてきます。
しかし、七星論の治則は一貫性があり、少数穴で治療も可能になります。

今回の基礎講習では、五行論と七星論の違いを理解し、四診により導き出した証を七星論の治則を用いて選穴・補瀉し得られる効果を、実技を踏まえながら進めていきます。
治療初心者の方でも、この治則を学べば効果的な治療ができるようになりますので、是非ご参加ください。

実技内容は、
七星論の治則を用いた選穴・補瀉で、経絡筋力テストの変化、脈診の変化、脊椎診の変化を確認するようにします。


詳細はこちらをご参照ください。.

【日 時】 2016年9月25日 12:30〜13:30

【参加費】 5.000円


第二部 ≪効果的な目と頭の治療≫(仙骨・頸椎・頭蓋

講師:新城三六

内容:
スカルセラピー(頭蓋骨療法)をやっていると、どうしても頭蓋JAAが気になってしまう。 頭蓋JAAとは、「頭蓋関節調整鍼」という意味で、頭蓋骨の縫合(関節)をコントロールすることで、いろいろな痛みや症状を緩和させることのできるテクニックで、ほんとに瞬間的とも言えるほどの速さで治療できるようになります。

頭蓋JAAを開発しているときは、いろいろな治療法が頭に浮かんできて、次々と新しい治療法を組み立てていましたので、頭蓋JAAを整理することもできないままに先に進んでしまい、「早く整理しなければ」と思いながらも今日まで来てしまいました。


頭蓋JAAで整理したいと思って、特に注視していたのは頸椎1番の矯正でした。それも、「鍼ではなく手技で」と考えていたので、機会あるごとに頚椎1番の矯正方法を考えていました。
これまで勉強したきた頸椎1番の矯正は、それなりに矯正はできるのですが、点数をつけると60〜70点ぐらいと感じていたので、どうしても満足できなかったのです。

しかし、やっと満足できそうな方法がありました。

昨日、早速臨床で使ってみたのですが、首が予想以上に軽くなるので、患者さんは大満足のようでした。
当然ですが、私も大満足でした。
ですから「今回の臨床実践塾の目玉ができた!!!」と喜んだものです。

視力調整のポイントは、いくつかあるのですが、これも強力なポイントになります。
昨日も遠くから 患者さんが来られた ので、スカルセラピーをやったのですが、「視神経がしっかりしてきた感じがします。ルンルンで〜す!!」と喜んで帰られました。

あと一つ!
スカルセラピーで、「頚椎とか頭蓋」というのは納得できると思いますが、「骨盤」は納得しにくいかも知れません。
しかし、「骨盤、特に仙骨こそ大切」と言ったほうがいいかも知れません。
なぜなら、頭蓋骨は骨盤と連動するからです。
そして、それはすでに臨床で実証しています。


.【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

テーマ 効果的な目と頭の治療

【日 時】 2016年9月25日 14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6765-7622

【参加費】 15.000

【申込み】 メール こちらをクリック

でんわ】 06-6765-7622

 

第三部 親睦会

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年9月25日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

2016年8月28日(日)

臨床実践塾 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 ≪診断≫ 第回目の基礎講習

講師:松田篤人


松田先生は、天津中医薬大学第一附属医院という中国国内最大級の鍼灸科がある大学病院にて、脳血管障害(脳梗塞・脳出血など)に対する鍼灸治療を学び、その後は日本で臨床にあたりながら定期的に天津に渡り、中医学・現代医学・鍼灸学などの研鑚を続けている先生です。

内容は:

到達目標:東洋医学における基本診察方法である四診を、七星論の特徴を取り入れて行うことができる。 講義概要:人体惑星試論奥義書の第八章診断から、今回は七星論における脈差診と脈診の検証で使われている六臓の異常確認方法に重点を置いて身に付けてゆきます。この二つの診察方法を実技で確認しながら七星論での特徴である査穴を用いて、診察診断の正当性を実習してゆきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第二部 ≪脳疲労の治療実験 : 頭蓋骨、頸椎、臓腑、経絡≫

講師:新城三六

内容は:

最近売り出した「目と頭の治療」(治療費8.000円)を最初から最後までお見せします。
その中で行なう、おもしろい実験がありますので、それも公開します。
きっと笑ってしまうはずです。

また、頭蓋骨療法(オステ&頭蓋JAA)でいろんな治療ができますが、他人の治療ばかりではなく、自分の頭蓋を動かして治療する方法もありますので、今回は、患者さんに施す治療だけでなく、「自分で行なう頭蓋骨療法」も交えています。

詳細は、http://blog.goo.ne.jp/shinjo_mitsuroku/e/433d5e2e0b2fbd2b3cb4f069f9bbf398

 

【日  時】 2016年8月28日 第一部 12:30〜13:30 第二部14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6765-7622

【参加費】 第一部3.000円 第二部15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

 

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年8月28日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

2016年7月24日 臨床実践塾

 

第一部 ≪七星論での病因≫ 第四回目・基礎講習

講師:浜屋俊

内容:病気の原因となるものを「病因」といいます。
東洋医学には、「内因」「外因」「不内外因」がありますが、七星論では「素因」も含めて考えています。

素因とは、持って生まれた体質や生活習慣からきた体質のことです。
その素因を診断するのに、一番の診断法が【虹彩診】や【スクレラ診断】です。
虹彩やスクレラを分析できれば、患者さんが持っている潜在的な病因を見つけることができます。

特に【虹彩診】は、「過去、現在、未来」を予測すること出来るので、食事指導や家庭療法などのアドバイスも的確にできるようになります。

病気の原因が分れば、それに対する治療法を考えていきます。
たとえば、どういう方法で治療するのか? どういう食事をすればいいのか? 何に注意しなければいけないのか? などが見えてくるのが七星論です。

病因をしっかりと見極め、対処していくことは我々治療者にとっては、必要不可欠なことです。

詳細はこちらをご参照ください。.

【日 時】 2016年7月24日 12:30〜13:30

【参加費】 3.000


第二部 ≪主に手技療法での「目」の治療

講師:新城三六

こちらに「目の治療」に関する連載もあります
http://blog.goo.ne.jp/shinjo_mitsuroku/e/75b8aefa230aa8bbfc389f84f8a677c6 

「見ること」:我々が「見る」という行為は、脳で多くの情報連絡網が関わっていて、自然科学研究機構・生理学研究所の吉田正俊 助教・伊佐正 教授らの共同研究チームは、「視覚野」が障害を受けた場合には、中脳の「上丘」を介して脳の中に無意識に情報が伝わっていく事を発見しました。
つまり、眼の「網膜」で見た情報は、「視床」を経由して、「視覚野」に送られ、「見ている」として意識されるわけです。
そのとき、硬膜自体に異常があるときも、「目の異常」として自覚するわけです。
ですから、頭蓋骨を手技で調整して硬膜や脳の働きを正常にして視力の調整をしようとするのが今回の実技内容で、すでに臨床で実証しています。

視力の調整:猫背の人は視力が弱くなりやすいのですが、猫背を矯正するだけで(胸椎を調整するだけで)視力が上がることを、20014年に発表しました。
ところが、猫背を矯正しても、すぐに元に戻る場合が多いので、この実践塾では、「元に戻りにくい方法」を臨床を交えてお話しします。
また、治療効果を長期間維持させるには、オステオパシーでの頭蓋骨縫合調整だけでなく、鍼灸をプラスすれば、更なる治療効果の持続ができます。(鍼の苦手な人には鍼をしません)
※これもすでに臨床で実証しています。

治療の全体の流れ:主に手技での頭蓋骨調整を行ないますが、人によっては頭蓋骨調整をする前に骨格を調整したほうが視力の調整に役立ちますので、骨格の歪みも見てから頭蓋骨の歪みを診て、手技による頭蓋骨調整を行ないます。
年齢と共に頭蓋骨の縫合は硬くなっていますので、必要に応じて鍼を使う場合もありますが、年齢だけでなく、白内障や緑内障の場合も側頭部に鍼を使う場合があります。
ただし、鍼の苦手な人には鍼は使いません。

鍼を使って簡単に頭蓋骨を調整する方法も公開します。


.【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

テーマ 視力調整の治療

【日 時】 2016年7月24日 14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6765-7622

【参加費】 15.000

【申込み】 メール こちらをクリック

でんわ】 06-6765-7622

 

第三部 親睦会

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年6月26日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

2016年6月26日 臨床実践塾

 

第一部 ≪七星論での生理・病理≫ 第三回目・基礎講習

講師:松田篤人と助手1名

内容: たとえば、七星論では人体を七つの星(太陽と黄泉、水星、金星、地球、火星、木星、土星)に分けてあるのですが、症状の出ている関節が「水」だとすると、「水」に関係する査穴(七星論独自の経穴名)や、頭部や腹部に配置されている「水」の部位に刺鍼をすれば症状が取れてくるわけです。
これは、関節に限らず「筋」「皮膚」など様々な部位に応用できます。

このように人体における七星配置の分類と選穴方法を理解すれば、臨床で悩むことがなくなります。また、応用は無限であり、自分だけのオリジナル治療法も確立できるようになります。
また、鍼灸師としての上達が早くなりますので、臨床がとても楽しくなると思います。
.

【日 時】 2016年6月26日 12:30〜13:30

【参加費】 3.000


第二部 ≪慢性疾患に使う整体鍼・頭蓋JAA・長置鍼法

講師:新城三六


整体鍼とは、股関節や仙腸関節を整え、腰痛、股関節痛、膝関節痛、下肢や足の痛み、肩関節痛や上肢の痛みなど、慢性化した痛みや異変を治療するのに使う治療法です。
鍼をする場所は、膝の近くのツボで、チョンチョンとするだけです。
今回は、クラニアルのテクニックを少し入れて、頭蓋や頚椎の調整方法も含めます。

頭蓋JAAとは、主に頭蓋の縫合部付近に鍼をして、即効的に体を整える方法で、自分の目で見るまでは信じられないほどの即効性のある治療法です。
整体鍼だけでは取れない痛みなどを治療するのに使いますが、頭蓋JAAだけでも多くの治療ができ、臓器の痛みまで取れることは最大の特徴かも知れません。

長置鍼法とは、巨鍼や長鍼を長時間刺したままにする治療法です。長時間と言っても、1時間半〜2時間程度の置鍼です。
多分、巨鍼や長鍼をしたことのない方には考えられないかも知れませんが、私は去年から鍼を刺したままで、1時間〜7時間半と30分単位で区切って実験を繰り返してきました。

もちろん、鍼をしたまま仕事をするわけです。


当日の参加者で、上記の何れかの治療を受けたいという方は、

前もってお知らせください。

実技講習のときのモデルになっていただきます。


.【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

テーマ 慢性疾患の治療

【日 時】 2016年6月26日 14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6765-7622

【参加費】 15.000

【申込み】 メール こちらをクリック

でんわ】 06-6765-7622

 

第三部 親睦会

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年6月26日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

 

2016年5月22日(日)

臨床実践塾 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 ≪経絡筋力テスト≫第二回目の基礎講習

講師:松田篤人


松田先生は、天津中医薬大学第一附属医院という中国国内最大級の鍼灸科がある大学病院にて、脳血管障害(脳梗塞・脳出血など)に対する鍼灸治療を学び、その後は日本で臨床にあたりながら定期的に天津に渡り、中医学・現代医学・鍼灸学などの研鑚を続けている先生です。

内容は:

『鍼灸治療の刺針法や取穴が正しいか否かを確認するために、経絡の走行と関係する筋肉を用いて実験を繰り返せば、諸文献に記された鍼灸の手法や取穴の正誤も判断できるはずだ』(人体惑星試論奥義書より引用)

との仮説を元に考案されたテスト方法が、経絡筋力テストです。

七星論は新しい理論体系であるがゆえに、その効果や妥当性の可否を確認することも必要と思われます。人体惑星試論奥義書では、七星論の紹介とともに確認方法もいくつか紹介されていますが、今回の基礎講座ではその一つである「経絡筋力テスト」を学習してゆきます。また、実際に受講生間で経絡筋力テストを行うことで、明日から臨床で使えるように進めてゆこうと思います。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第二部 あっと驚く鍼灸奥伝≪一瞬で凝りを取る方法≫

講師:新城三六

内容は:

大腿内転筋群やハムストリングスの緊張を一瞬で取る鍼灸治療の方法を紹介します。
前回の臨床実践塾では、内転筋群の過緊張の取り方をちょっとだけ見せましたが、ほんとに一瞬なので、受講生の中には、何をしたのかわからないという方もいたようです。

先日スタッフとともに、ハムストリングスの過緊張の取り方を実験していまして、私がモデルになってやったのですが、治療の合間にしたものですから、大腿後面だけ過緊張が取れて、側面と前面の緊張が残っていたせいか、少々歩き難くい感じがしました。

これは私だけではわからないので、スタッフにも試そうと思ったのですが、時間がなくて試すことができませんでした。
しかし、スタッフは私の筋肉を触っていますので、その効果は十分に感じたようです。
ですから、これは近々スタッフにも試してみたいと考えています。(笑)

この発想と理論は、七星論から出てきたものですが、その治療法を考え出す過程で「筋腱鍼」による治療法もありました。
筋腱鍼とは、過緊張した1本の筋肉を整えるのに重宝するもので、リハビリに用いると、患者さんも術者も楽に治療することができます。

治療中に、患者さんが「アイタ!!!」と言われたり、「痛い!」いう顔をされたりすると、術者はドキッと心臓に応えます。(笑)
鍼灸師なら誰でもそのような経験をしていると思います。
してない人は鍼を使ってない人です。(^_^;)

ですから、極力痛くなく、短時間の治療で、かつ高い治療効果を出し、治療効果の長期間継続のために、いろいろ研究しているのです。

 

【日  時】 2016年5月22日 第一部 12:30〜13:30 第二部14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6765-7622

参加資格】 医師・歯科医師・鍼灸師・柔整師・理学療法士・医療関係学校在籍中の学生.

【参加費】 第一部3.000円 第二部15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

 

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年5月22日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622



 

2016年4月24日(日) 臨床実践塾

 

第一部 ≪診断診断即治療へのヒント≫回目の基礎講習

講師:浜屋俊


今期から、七星界の講師方々が「基礎講習」を講義をすることになりました。

七星論での診断は即治療につながる方法ですので、学ぶことがおもしろくなります。
たとえば、人体を七つの星(太陽と黄泉、水星、金星、地球、火星、木星、土星)に分けてあり、診断で関節が「水」であれば、「水」に関係する査穴(七星論独自の経絡名)や、頭部に配置された「水」の部位に刺鍼すれば症状が取れてくるわけです。

このような七星配置の分類と選穴方法を使えば、臨床で悩むことがなくなり、臨床が楽しくなってきますので、好結果を多く出すことができます。

そして、何よりも嬉しい点は、鍼灸師としての上達が早くなることです。
上達が早くなるには多分、理論と実技が一致して理解しやすいからだと思います。

テーマ 診断即治療へのヒント

【日 時】 2016年4月24日 12:30〜13:30

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6765-7622

【参加費】 3.000円

【申込み】 メール こちらをクリック

でんわ】 06-6765-7622

.


第二部 ≪マーケティング&ブランディング

講師:新城三六(MBA


鍼灸の実技講習で、何故MBAで学ぶマーケティングやブランディングの話をするのかと考える方もいると思いますが、患者さんがいなければせっかくの治療技術も意味がありません。
つまり、患者さんに来てもらうようにするにはどうすればいいのかを考えるのが大切だからです。つまり、マーケティングやブランディングというのは、実は治療テクニックの前に不可欠な要素なのです。

その不可欠なものを一言で説明すると、錯覚や勘違いが出てくると思い、新城のブログに連載で書いていますので、そちらをご参照ください。

既に開業されている先生方、これから開業を考えている先生方に役立つ勉強になります。

当日は、最近の臨床報告もありますが、長置鍼法の治療を受けてみたいという方々には、長置鍼法のモデル治療も行う予定です。

モデル治療希望の方は前もってお知らせください。


.【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

テーマ マーケティング&ブランディング

【日 時】 2016年4月24日 14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6765-7622

【参加費】 15.000

【申込み】 メール こちらをクリック

でんわ】 06-6765-7622

 

第三部 親睦会

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年4月24日(日) 午後5:30より

【会 場】 ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 


2016年4月3日と5月1日

≪クラニオセイクラル・オステオパシー講習会≫

講師:上原広一先生

今流行りの治療法ですので、初心者歓迎の講習会です。
ですから、クラニオセイクラル・オステオパシーの知識については何も必要ありません。

前回のデモンストレーションでは、頭蓋骨に手を当てて、頭蓋骨が呼吸(左右に動く)しているのを確認して頂きました。
この手の感覚を養うことは、鍼灸治療においても大切な要素で、指先の感覚を訓練してないと患者さんから伝わる「患者さんの体の意識」がわかりません。

クラニオセイクラルでは、「体に受けた衝撃はエネルギーの膜(エナジーシスト)となッテ身体に残るとして、その蓄積が心身に様々な障害を起すと考えられています。

そのエナジーシストを解放(解き放つ)ことが、障害を取り除く方法であるので、頭蓋をいろいろな角度から矯正して正体に戻し、維持させるというのがこのテクニックのようです。

 

【講習日時】  2016年4月3日 12:30〜17:00

         2016年5月1日  12:30〜17:00

【講習会場】 大阪上本町・新城針灸治療院
         06-6765-7622

【受 講 費】 20.000円

【親 睦 会】  4/3・5/1共に 17:30〜19:30

【親睦会会場】ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣
         06-6773-3950

【親睦会会費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

【申込み】 メールは こちらをクリック

       でんわは 06-6773-8322



 

 

2016年3月27日(日)

臨床実践塾 

第一回 鍼灸パフォーマンサー養成講座

講師:新城三六

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一部 長置鍼法の効果報告

内容:希望者に長置鍼法を行ないながら、長置鍼法での治験例を解説していきます。
まだまだ長置鍼法での臨床は少ないのですが、私のブログなどを読んでいる方々から希望者が増えてきたことは間違いありません。
おもしろかったのは、参加者に長置鍼法を施したら、「こんなに気持ちいいとは知らなかった。これから巨鍼を作って練習します」という報告があったことです。

 

第二部 鍼灸パフォーマンサー養成講座

内容:パフォーマンスのできる鍼灸師の養成講座です。
臨床実践塾で何度も見せてきたのですが、鍼灸でのパフォーマンスの仕方を学んでもらう講習です。

ある人は、こう言うかも知れない。

「鍼灸は見世物ではない! パフォーマンスなんて必要ない!」と。

果してそうだろうか。

患者さんに納得してもらえる治療をするためには、理論と実技が一致し、その場で何らかの変化を出してあげる必要があります。
そしてそれを証明するのがパフォーマンスになります。

患者さんは「理屈なんかどうでもいい。今の苦しみから救ってほしい」と考えているからです。
ですから、パフォーマンスのテクニックで患者さんの心を開いてあげるのです。心を閉ざした患者さんの治療が難しいことは、多少臨床経験のある人ならわかると思います。

しかし、パフォーマンスができるようになるには、東西医学の生理・解剖・病理・経絡・食養等を知らなければ難しいと考えています。
だから「鍼灸パフォーマンサー」になるには、他の人の何倍も勉強をしないといけないかも知れません。

無口で、治療をするのは滑ることがないので楽で、初心者にもできることです。
しかし、それでは患者さんの不満が残ります。
自分にも不満が残ります。
そこを解決しないと、この業界で長生きすることはできなくなると考えています。

この講座では、「鍼灸パフォーマンサーの概要を解説するデモンストレーション」のような研究会になりますが、デモンストレーションと言っても、普段使うテクニックばかりなので得るものは多いはずです。

内容は 『人体惑星試論奥義書』 (通称:七星論)を基に行ないますが、長年「このテクニックは簡単で即効性があるので、鍼灸学生には教えないほうがいい。教えると勉強しなくなる」と考えていたテクニックです。
そして、『人体惑星試論奥義書』には書けなかったことも入ってくると思います。
「人体惑星試論の臨床応用解説」になるからです。

この10年間、基本的に人体惑星試論に書かれた理論と実技で講習をしてきましたが、この講座は主に「実際の臨床での解説と手法」です。
たとえば先日、「左膝が痛い」という患者さんの治療で、左の腎査穴に刺鍼して、痛みが楽になったのを確認してもらいました。
その後スタッフに向かって「これで腎と関係しているがわかるでしょう」と話しながら、患者さんの顔を見ると、患者さんも納得した顔をしていました。

臨床現場でも講習会でも、こういうテクニックが使えるようになると、鍼灸がもっと面白くなってくるのです。

 

【日 時】 2016年3月27日 第一部 12:30〜13:30 第二部14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6765-7622

参加資格】 医師・歯科医師・鍼灸師・柔整師・理学療法士・医療関係学校在籍中の学生.

【参加費】 第一部5.000円 第二部15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

 

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年3月27日(日) 午後5:30より

【会 場】ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622



 

 

2016年2月28日(日) リアル臨床研究会(臨床実践塾)

 

第一部 脳卒中の中間まとめ

講師:新城三六

脳卒中治療に使うために開発している長置鍼法は、他の慢性的な病気の治療にも使えますので、潰瘍性大腸炎の患者さんに使ってみました。

潰瘍性大腸炎の考え方は、大腸の粘膜が炎症を起して出血します。つまり、なぜ炎症が起るかということで、多くの炎症の原因になるのが感染や血液の汚れで、感染も通常の生活の中では血液の汚れと関係する場合が多いと考えます。
ということは、血液を汚す食べ物にも原因があるのですが、血液浄化をつかさどる腎機能とも関係するわけで、腎機能を活性化することができれば、多少なりとも炎症を治めることができると考えると、長置鍼法で腎機能活性化を図れば治療可能と考えます。
そこで、潰瘍性大腸炎の患者さんに、簡易長置鍼法を施したわけです。

今 までの私の体験や患者さんへの臨床では、膀胱経を使う場合の長置鍼法では2〜3時間、督脈を使う場合は5〜6時間から24時間置鍼しますが、潰瘍性ですので、代謝が激しくなると出血する可能性があるし、当院のベッドの都合もありましたので、刺鍼後、仰臥で30分寝てもらいました。
途中で様子を見に行ったら、熟睡していました。
30分経過後に起きてもらったら、「気持ちいい。凄く気持ちいいです」と話していました。

鍼灸治療だけの話ならここで終わるのですが、鍼灸治療が目的ではなく、病気を治すのが目的ですので、それだけでは終わりません。
いや、むしろこれからが大切なのです。

何をするかと言うと、家に帰ってからの食事療法です。
と言っても、難しいことも、時間がかかることもありません。

この何日かで、新しいスタッフと一緒に、私の家でその練習をしていました。
経験がないと、話すときに真実味がないので、彼の体験のために食事療法を体験させたわけです。

今回のリアル臨床研究会では、そのような治療法と、クラニオセイクラル・オステオパシーのテクニックを応用した実技を公開しながら、
理論的に説明していきます。

テーマ 脳卒中の治療として「脳疲労」と「脳活性」の臨床実技を中心に

【日 時】 2016年2月28日 12:30〜13:30時間は少し長引く可能性あり

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6765-7622

【参加費】 第一部と第二部合わせて20.000円

【申込み】 メール こちらをクリック

でんわ】 06-6765-7622

.


第二部 クラニオセイクラル・オステオパシー

デモンストレーションと実技公開!

講師:上原広一


何故クラニオセイクラル・オステオパシーなのかと疑問に思う人もいると思いますが、私は深い関係があると考えています。

何故でしょうか?

全ての病気は脳と関係しており、脳は頭蓋と密着しているからです。
たとえば、先日スタッフと行なった実験では、クラニオセイクラル・オステオパシーの診断テクニックを使い、鍼灸のツボ1穴で現象を変化させるということができ、当院の患者さんでも同じことを試したのですが、これもうまくいきました。

私は鍼灸の魅力を「診断即治療」と位置付けていますが、それが「見せる鍼灸」になり「魅せる鍼灸」になっているわけです。
その「見せる鍼灸」を編纂して、今年から「スタッフ教育のための魅せる鍼灸」(仮称)というようなタイトルで実践塾で公開していく予定にしています。

長置鍼法にクラニオセイクラル・オステオパシーのテクニックを入れるのは、そのような計画もあるからです。

.【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

 

第三部 親睦会

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年2月28日(日) 午後5:30より

【親睦会会場】ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【親睦会会費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7322

 

 

 

2016年1月24日(日)

臨床実践塾 (リアル臨床研究会)

                   第一部 脳疲労の解決方法 
                   第二部 長置鍼法の臨床実技

講師:新城三六

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

脳卒中や慢性疲労への長置鍼法 (脳疲労と慢性疾患・難治性疾患へのアプローチ)

内容:
私のブログで、「脳卒中」に関する脳疲労や簡単な診断法・治療法を連載しましたが、その連載の最初に「疲労と意欲は表裏一体の関係」というグラフを載せ、【「脳疲労」⇒「生活習慣病」⇒「脳血管の炎症」⇒「脳梗塞・脳卒中」という流れになり、予防法として考えられることは、最初の「脳疲労」を起さないようにするということになります。】という解説を入れました。

このブログのテーマが「脳卒中」を中心にしましたので、脳疲労から脳卒中への進行で説明しましたが、この流れは脳卒中だけに限らず多くの慢性疾患にも当てはまります。つまり、九州大学名誉教授の藤野武彦博士が述べる「生活習慣病の始まりは脳疲労であり、脳疲労を取り除くこと。つまり脳を癒すことが生活習慣病やうつ病の予防法であり治療法である」と同じように仮定できると思うわけです。

これはたまたま私が去年の8月から極度の脳疲労を経験し、それを乗り越えるのにかなり苦労したことからも言えることです。(どんな苦労でも自分の環境や状況に対して「苦労した」という言葉は使いたくないのですが、今回の場合は倒れるのではないか、そのまま死ぬのではないかと思うことが何度もありましたので苦労という言葉を使いました)

ここでの課題は、「どのようにしてその難関を乗り越えたか」だと思いますので、その考え方や手法を説明していきます。

脳疲労の解決方法:
その話の中で、「脳疲労は自分では気付かない場合が多い」「如何にして自分の脳疲労を自分で治したか」の理論と実技も含めます。

臨床例:
「脳卒中で入院中の患者への鍼治療の方法とその変化」「高コレステロール血症」「味覚障害」「心・心包からくる極度の肩凝り」「巨鍼が使えない患者への長置鍼法」「四肢への巨鍼療法(一経及び三経の選び方)」などになります。

実技:
実技では、9月に台湾から来られた方が、再び体調を崩したみたいで、足からは水が出てくるし、お腹はパンパンに張った状態で、お腹が張るので息もしにくく、歩くことも困難なようで、(多分車椅子で)再び治療に来ることになりましたので、その実技公開を行ないます。(ご本人の許可は取ってあります)

参加者の実技は、希望者(できれば参加者全員)に長置鍼法の体験をしてもらいたいと考えていますが、巨鍼の苦手な方には別の方法で実技を行ないます。しかし、患者モデルになるのが苦手な方は見学だけしてもらうつもりです。

【日 時】 2016年1月24日 第一部 12:30〜13:30 第二部14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6773-8322

参加資格】 医師・歯科医師・鍼灸師・柔整師・理学療法士・医療関係学校在籍中の学生.

【参加費】 第一部5.000円 第二部15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

 

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2016年1月24日(日) 午後5:30より

【会 場】ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【会 費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622



 

 


12月は引越しのため臨床実践塾はお休みさせて頂きます

2015年11月22日(日)

臨床実践塾 (リアル臨床研究会)


第一部 醒脳開竅法

講師:松田篤人

テーマ 前回の醒脳開竅法を細かに解説しながらの・実技公開

【日 時】 2015年11月22日 12:30〜13:30

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6773-8322

【参加費】 5.000円

【申込み】 メール こちらをクリック

でんわ】 06-6773-8322

.


第二部 リアル臨床研究会

脳卒中後遺症の治療を中心に!

講師:新城三六

脳卒中(脳梗塞・脳出血)後遺症の患者さんに、ある方法をテストしてもらっていて、その結果が出てきます。
また、長年高コレステロールで悩む方にもモデルになってもらい、巨鍼の長時間置鍼を目の前で見てもらいますが、高コレステロールは動脈硬化の大きな原因にもなりますので、その解消法を試したお話もさせて頂きます。



現在、その準備で、後遺症に悩む患者さんの協力を得て、特別割引料金で治療しながら、「もっと早く」「もっと簡単に」「もっと高い治療効果を出す方法」の検討を進めています。
そのためには、もっと脳卒中後遺症の治療のできる鍼灸師も養成しなければなりません。

今回の研究会は、そのような鍼灸師を養成するための概要と、実際の患者さんにも参加してもらい、臨床をしながら説明をしていきます。
.

【日 時】 2015年11月22日 14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6773-8322

参加資格】 医師・歯科医師・鍼灸師・柔整師・理学療法士・医療関係学校在籍中の学生.

【参加費】 15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2015年11月22日(日) 午後5:30より

【親睦会会場】ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【親睦会会費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6765-7622

 

 

2015年10月25日(日) 二部構成

第一部 醒脳開竅法

講師:松田篤人

テーマ 醒脳開竅法を患者さんに合わせて解説・実技公開

【日 時】 2015年10月25日 12:30〜13:30

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6773-8322

【参加費】 5.000円

【申込み】 メール こちらをクリック

でんわ】 06-6773-8322

.


2015年10月25日

第二部 リアル臨床研究会

脳卒中後遺症の治療を中心に!

講師:新城三六

脳卒中(脳梗塞・脳出血)後遺症の治療には、巨鍼療法が効を成すのですが、巨鍼以外にも眼鍼や頭皮鍼、頭蓋JAA、筋腱鍼などがあり、どのような症状の場合に、どの治療法を選ぶかで治療効果に差が出てきます。

年末には治療院移転の計画をしています。
そして、「脳卒中後遺症」(主に半身の痺れや強張りを治療)を行ないたいと考えているからです。
それと言うのも、このところリハビリ病院へ行くことが多く、ビックリするほどの患者さんがリハビリを受けているのを見たからです。

PT(理学療法士)がリハビリをしているところを何度も見せてもらいましたが、部分的には鍼灸のほうがはるかに高い治療効果を出すことができるとわかったからです。
たとえば、後遺症で足が動きにくいのは、足の裏側、外側、内側が突っ張っているからで、それを取り除くと、ヒュッと足が上がるのです。

病院ですので、下手に鍼もできないのですが、2個所だけ鍼をしたら、ヒュッと足が上がるのです。
そして、PTが「すごい! すごいですよ! なんでですか?」と思わず声をあげてしますほどなのです。

巨鍼療法は、黄帝内経にも「痺れや麻痺を治す」と書かれているように、開発者の張雲飛先生も脳卒中の後遺症などを治す目的で発展させてきました。
そして、「脳梗塞専門病院」と別名が付くほどの「労働病院」で、脳梗塞の治療を専門にしていました。

私も巨鍼を日本に持ち込んだ後、何年も脳梗塞の治療をしていたのですが、脳に関する病気は、正直言って疲れます。
ズバッと効くときもあれば、効いているのか効いてないのかわからない場合もあるからです。

そして、七星論を考え始め、即効的な治療法を次々と開発できたので、いつしか脳卒中後遺症の治療が疎かになっていたのです。
しかし、高齢化社会になった今、脳卒中後遺症に悩む患者さんや家族は増える一方なので、そこに鍼灸を取り入れれば、かなりの患者さんやその家族を助けることができると考えたわけです。

現在、その準備で、後遺症に悩む患者さんの協力を得て、特別割引料金で治療しながら、「もっと早く」「もっと簡単に」「もっと高い治療効果を出す方法」の検討を進めています。
そのためには、もっと脳卒中後遺症の治療のできる鍼灸師も養成しなければなりません。

今回の研究会は、そのような鍼灸師を養成するための概要と、実際の患者に来てもらい、臨床をしながら説明をしていきます。
次回も、対象となる患者さんの協力がいただければ、同じように臨床をしながら理論と実技の解説をしていきます。

.

【日 時】 2015年10月25日 14:00〜17:00

【会 場】  新城針灸治療院 電話 06-6773-8322

参加資格】 医師・歯科医師・鍼灸師・柔整師・理学療法士・医療関係学校在籍中の学生.

【参加費】 15.000円(テキスト代含む)

【お願い】 講座内容の録音や撮影、配布する資料の複写複製は禁止させていただきます

【親睦会】 講習終了後の親睦会です(座席を予約しますのでキャンセルはできません)

【日 時】 2015年1月25日(日) 午後5:30より

【親睦会会場】ハイハイタウン内 あさひ(上本町駅徒歩2分)近鉄上本町駅隣

【電 話】 06-6773-3950

【親睦会会費】 和食セット+飲み放題3.500円(税別) 

臨床実践塾・親睦会への参加申し込みとDVDのご予約は

メール こちらをクリック

でんわ 06-6773-8322